2004年設立の国際税務・会計事務所です

国際税務、関税、移転価格

その一歩を確実なものに。我々には経験とスキルがあります。

安全保障貿易管理、バーゼル条約改正

日本関税協会発行の月刊誌「貿易と関税」に広告を掲載させて頂きました。 公益財団法人日本関税協会発行「貿易と関税」掲載広告 米国と中国のはざまにある日本。貿易関連業務には、安全保障貿易管理の専門家のサポートがあると、業務の効率化が進みます。 プラスチック規制に関するバーゼル条約(特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律)が改正されます。お気軽にお問い合わせ下さい。⇒コチラ

HACCP義務化がスタートしました

日本関税協会発行の月刊誌「貿易と関税」に広告を掲載させて頂きました。 公益財団法人日本関税協会発行「貿易と関税」掲載広告 税務調査、税関事後調査、海外子会社不祥事に備えた「ミニ監査」を実施します。 今月より食品等事業者に義務化される「HACCP」に沿った衛生管理実施対応はお済みですか。 新貿易取引「DPU」を利用して、貿易関連業務の効率化を狙いませんか。 お気軽にお問い合わせ下さい。⇒コチラ

HACCP義務化への対応

2020年6月より、食品を取り扱う全事業者に対して義務化された「HACCP(ハサップ)」。今年6月より導入・運用が完全義務化となりますが、対応されてらっしゃいますか。 事業者は何をしたら良いのか、どうすればスムーズに導入できるのか、悩まれていらっしゃる事業者様は、お気軽にお問い合わせ下さい。⇒コチラ 日本関税協会発行の「貿易と関税」に、広告を掲載させて頂いております。

税務関連文書の翻訳、お任せ下さい。

専門用語が多くて分かりにくい税務関連の文書。ご説明は専門家にお任せ下さい。必要であれば、税務アドバイス、オピニオンレター、実務サポート等、関連するサポートも承ります。 お気軽にお問い合わせ下さい。⇒コチラ

初めての輸出を検討されていらっしゃる方 Part.2

初めての輸出でなくても、輸出を検討されてらっしゃる方、また既に輸出業務をされてらっしゃる方、「立入検査」をご存知ですか。大事に至る前に、ミニ監査等で事前に対応しておくと、時間も人件費も、却ってコスト削減になったりするものです。少しでも気になることがおありでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。TradeTaxグループが安心をお届け致します。 お気軽にお問い合わせ下さい。⇒コチラ

初めての輸出を検討されていらっしゃる方

注文を受けてから出荷するまで、または、それ以前の業務においても、「お国違えばタブーも変わる!」ではないですが、我々が知らないことも山積み、確認事項も山積みです。そんなお客様の相談役にならせて下さい。関所のプロであるTradeTaxグループが、初めての輸出をサポート致します。 お気軽にお問い合わせ下さい。⇒コチラ

輸出業務を見直してみませんか

既に導入されてらっしゃる貿易ソフトに加え、業務の効率を上げるソフトを追加してみませんか。特にアメリカや中国への輸出は、確認事項が多く、作業工程数も膨大です。 ハザン商会の貿易ソフトに、安全保障貿易管理など、お客様に必要な業務をデジタル化します。 お気軽にお問い合わせ下さい。⇒コチラから

「実効関税率表2020」ダウンロードフォーム

貨物を日本へ輸入する際に重要な「実効関税率表」2020年度版をダウンロードできます。英語表記もあり、全33ページにまとめてありますので、プリントアウトにも便利です。ぜひ、ご活用下さい。 当ファイルに関するご質問やお問い合わせは ⇒コチラまで

2020 インコタームズ「DPU」の導入

2020インコタームズで「DPU (Delivered at Place Unloaded : 荷卸込持込渡)」が導入されました。売手は商品を、買手の倉庫前まで持って行きます。トラックから下して、危険負担が売手から買手に移ります。 インコタームズ2020から主流になるDPU取引はTradeTaxグループがサポートします。 ・EU通関手続き・関税・FTA・VAT対応・EU税関事後調査対応(関税評価・ […]

香港/台湾の方の日本不動産投資資産管理会社

香港/台湾の方は、日本の不動産を購入し、資産分散をされてはいかがでしょうか? 日本の大都市の中心は、中古物件といえども、 いつまで経っても、価値は下がらず、すぐ売れます。 また賃貸している場合は、減価償却がとれますので、耐用年数経過後は ただで不動産を手に入れたのと同じになります。 資産管理会社の設立・賃貸・運営・Exitまでサポートします。 消費税を払わないようなスキームも可能です。 そして最大 […]

1 4